任意整理はするべきなのか!そのメリットは?

任意整理とは裁判所を通さずに借金を減額する手続きの事をいいます。裁判所を通さないので手続きが簡単に出来ます。

まず債務者が弁護士や司法書士に依頼をして、弁護士などが代理として債権者と話し合います。その交渉で返済額のカット、将来の金利のカットなどが見込めます。

任意整理が始まると取りたてなども停止になります。債務者は精神的にも安らぎます。

任意整理のメリット

  • 借金の督促が一旦止まる
  • 借金を減額することができる
  • 完済ペースを早めることができる
  • 家族、職場に知られる可能性が低い
  • 自己破産より手続きが簡単
  • 減らしたい借金のみを減らすことも可能(選択ができる)
  • 車や家などの資産は残すことができる

任意整理のデメリット

  • 信用情報にブラックリストで載ってしまう
  • クレジットカードが作れない
  • 新たな借金が出来ない
  • 任意整理中の借入や借り換えは難しい
  • 弁護士や司法書士への費用がかかる
  • 住宅ローンの借り換えは通らない
  • 強制執行手続きを中断することができない
  • 交渉が決裂する場合がある
  • 利息を引いた分の借金は原則3年以内に返済の必要がある

などなどデメリットもあります。今、借金で悩んでいるのなら、まずは専門家に相談するのがベターです。

自分でなんとかしようとしても、そんなうまくはいきません。

知識と経験が多い専門家の場合、話を聞いただけで「どう動けばいいのか」を教えてくれます。

簡単に借金返済

クレジットカードおすすめ

楽天カードのメリット

カードローンおすすめ

任意整理とは?そのメリットとデメリット

任意整理とは、護士や司法書士が代理人になって、利息制限法の利率で計算し直して消費者金融やクレジット会社と話し合いをして支払っていくことをいいます。

話し合い後は将来の利息を付けず、裁判所を利用しない手続なので簡単な解決が可能になります。

任意整理のメリット

  • 借金が減額できます
  • 金利がカットされます
  • 過払い金が戻ってくる可能性があります
  • 債権者からの取立てが止まります
  • 裁判所に出かける必要がありません
  • 自己破産のように資格制限がありません
  • 自己破産と違って官報に載らない

任意整理のデメリット

  • 信用情報機関に事故扱いとして登録される
  • 新たな借金ができなくなる
  • ローンが組めなくなる

まとめとしまして、任意整理は「誰にも知られることなく借金を整理する」ことができます。

裁判所を介さないので、国の記録に残ることはございません(ココが大きい)。

借金の事で毎日不安な時は弁護士に相談するのも1つの手です。

おすすめカードローン
三井住友VISAカードのメリット
アメックスのメリット